【メルマガ試し読み】⾼校時代の不安とその解消法

地方高校生に追い風を

【メルマガ試し読み】⾼校時代の不安とその解消法

過去に配信されたメールマガジンの記事になります。東大生の生の声が綴られています。お楽しみください!(なお、執筆者の科類や学年は執筆時点でのものとなります。)


理科一類1年 T.S.

今回は「不安とその解消法」についてお話します。

高校生の自分にとって、不安とか悩みは「とても怖いもの」だと思ってました。でも悩みって、意外と紙に書くだけでも整理できるんです。
そこで今回は、自分がやっている方法を教えるのでやってみてほしいです。少しでも悩みがある人は、ぜひ「今」やってみてください。

まずA4紙とペンを用意します。できましたか?そしたら横向きにして、左4分の1に不安&悩みを書き下します。
些細なものも大歓迎で、なるべくたくさん。例えば高校生の時に自分がやったら下のような感じだったんでしょう。

・大学受験 ・学部決まらない
・集中力 ・模試近い ・授業眠い
・自転車操作ミスって田んぼに2回も突っ込んだ
色んな中高生に見られるのを思うと恥ずかしいですね。

書いてみて「悩み」は思っていたより多かったですか?
そんなに多くは無かったんじゃないでしょうか。こう思うだけで自分は気が楽になるんですが、共感していただけますか?
逆に悩みがたくさんある人は、誰か相談できる人はいますか?今すぐ他に助けをもらったほうが良いです。
多くの悩みを1人で抱え込める人はこの世界に誰1人としていません。

さて次に、その不安・悩みを「(理想)!」という形に言い換えて、次の左4分の1に書きましょう。
大学受験→「大学合格!」、授業・自習で眠くなる→「授業と自習で眠くならない!」、田んぼに突っ込みやすい→「田んぼに突っ込まない!」…。
「悩み」ってネガティブなので、それを理想として言い換えると気分が楽になり、余裕を持ちやすくなると思います。あくまで1人の大学生の意見ですが。

じゃあ次に、今の自分に足りないものを具体的に考えてさらに左4分の1に書きます。
ここでは例として、集中力について話します。
集中力欠如の原因として自分は、スマホが近くにある事だと考えました。そこでスマホを友達に預けたり、勉強場所から一番遠い所に置いたりしました。
時間的には60分ごとに必ず休憩し、長時間のテスト前は入念に休むことにしました。
それでも集中が切れた時は、逆にテスト中に数分だけテスト解かずにリラックスしてました。
「眠い」も同じです。8時間寝ても眠い時はあります。眠くなりそうな授業の前に少し目をつぶるだけで、授業中に眠くなる確率はかなり減ります。

さてここで「漠然と不安を感じる悩み」もあると思います。「良い判定が出てるけど、もし落ちたらどうしよう。」とか…。
それは考えることはせず、小さく書く程度で良いと思います。それは不安ではなく、仮定法過去の濫用です。
変えられないor変わる必要のない事で悩んでも仕方無いので、そこは自分を信じてあげてください。

もう最後です。はやっ。理想を書いたら「そのために何をやるか」を紙の残りに書きます。
「睡眠時間が足りない」→「睡眠時間を7時間は最低取り、それでも眠いなら休み時間」とか。
ここで他との兼ね合いも考えましょう。どれをどれくらい優先したいのか、は自分にしか分からないので、そこで願望を洗練してください。
ちなみに自分は「寝る」「食べる」など健康的な生活を送ることを優先し、それ以外は特に決めてませんでした。
きつすぎる・体を大事にしない計画は禁物です。

ここまでが一通りです。具体的には、悩み羅列・ポジティブ化・原因分析・目標設定だけですね。難しいことや新しく聞く話は無かったと思います。
まあ大学生1人が考えつくことなので…。でも、こういう基本的なことが大事だと分かってほしいです。

もう1つだけ提案をします。

それは「ゆずれない軸」を作ることです。イメージとしては北極星です。昔の船乗りが北極星を目指すことは聞いたことあると思います。
途方に暮れた時、やることが分かりずらくなった時に「そうだ、自分はここを目指してるんだった」と思えるものがあったら最高です。またスタートしやすくなるので。
でも、それが達成できなかった時に打ちひしがれないようにしてください。目標は、近づいたり遠くなったりすることに意味がある、と自分は思います。
達成できなければ、これ以降の人生が全てどうしようもなくなる目標なんて無いです。
だんだんと成長できていることが分かっているなら少し立ち止まったら後退したりしても大丈夫です。
自分が決めた目標で自分の首をしめてはダメです。どんと構えて向き合いましょう。

長くなりましたが、色々な悩みを持っているのは真剣に考えていることの裏返しではないでしょうか。
その不安・悩みは素晴らしい成長の材料だと思います。向き合い続けると、なんか良いことあると思います。応援してます!


こちらの記事はお楽しみいただけましたか? もっと読みたい方は、ぜひメールマガジンにご登録ください!

Tags: , , , ,