2021/02/13 諫早高等学校 オンライン

地方高校生に、追い風を

2021/02/13 諫早高等学校 オンライン

企画概要

2021年2月13日(土曜日)に長崎県立諫早高等学校の生徒様65名を対象に諫早ツアーを実施いたしました。

今回のツアーでは「ここから始まる、諫高アップデート!」というコンセプトのもと、
「高校生に学びの楽しさを知ってもらう」
そしてそれを高校生活に落とし込むために
「理想の学校をイメージする」
そして
「理想の学校を作るための合意形成を行う」
ということを目標としました。

以下では実施した四つのコンテンツについて、その内容や生徒様の様子をご報告いたします。


距離を縮めよう:アイスブレイク

高校生との距離を縮めるため、自己紹介の後、絵しりとりをして交流しました。


勉強の楽しさを知ろう:プレゼンテーション&パネルディスカッション

大学の学問紹介プレゼンと、そうした学問と高校時代の勉強がどう結びついていたかについて話すPDを行いました。


東大生vs東大生 ガチディベート

諫早高校の特徴を含む三つの観点(中高一貫か?現役主義か?文武両道か?)それぞれについて、大学生が二手に分かれ、用意したスライドを示しながら制限時間内でディベートを行いました。


理想の諫高をデザインしよう:ワークショップ

DBにて理想の学校像について思いを馳せた上で、その理想に近づくには今後どうしていけばいいかを見出すことを目標としました。メインファシリを高校生1名、サブファシリを大学生2名が担当し、
①諫早の良いところと良くないところを探す
②良くないところの改善案を出す
というステップを設けて話し合いました。
作業中にまとめたワークシートは、後日学校に掲示していただくことにしました。


まとめ

今回のツアーは、団体で初めてとなる高校生と合同作成の企画でした。
高校生との連絡の取り方、mtg運営の仕方、合同練習会の組み方などについて十分考えを深め、実施まで漕ぎ着けたことには大いに意義があると思います。
一方で、コンテンツの敲きなどに高校生がどこまで踏み込むのか・もっと自由闊達に意見を共有できる高校生との連絡の取り方はなかったのかなどの反省点があるため、今後同様の企画を依頼された場合に改善されたいです。