2022/08/19 仙台第二高校オンラインセミナー

地方高校生に、追い風を

企画概要

 2022年8月19日、宮城県立仙台第二高等学校の生徒様15名を対象に、オンラインセミナーを実施いたしました。  

 今回のセミナーでは、「東大を離さない~最後まで食らいつく~」というコンセプトのもと、東大受験に少しでも関心のある生徒様により具体的な受験動機をもっていただき、東大受験において必要な学習の戦略性や継続性を身につけていただけるような企画を開催いたしました。

 以下では、ツアー/セミナーの内容や生徒様のご様子についてご報告いたします。

ツアー/セミナーの流れ

本ツアー/セミナーは、以下のようなタイムスケジュールで行いました。  

13:00~13:10 オープニング(10分)
13:10~13:55 パネルディスカッション(45分)
13:55~14:05 休憩(10分)
14:05~14:40 プレゼンテーション(35分)
14:40~14:50 休憩(10分)
14:50~16:05 ワークショップ(75分)
16:05~16:10 クロージング(5分)
16:10~16:20 休憩(10分)
16:20~17:00 個別相談会(40分)

パネルディスカッション 

 東京大学に入学した後の実生活について想像を広げていただくために、4人の東大生が自分たちのプライベートや現在の大学生活の状況をテーマに議論し合いました。

 具体的には、東大生のアルバイト事情や東京大学に入るメリット・デメリットなどについて話し合いました。特に一人暮らしに関する議論については、複数の生徒様から参考になったとの声をいただきました。

パネルディスカッションの様子

プレゼンテーション

 大学受験までの道のりのイメージを具体的なものとしていただくために、文系東大生2人と理系東大生2人がそれぞれの高校時代の経験を基に、授業の活用の仕方や部活と勉強の両立について、スライドを用いながらプレゼンテーションを行いました。

 生徒様の方から、それぞれの大学生が紹介した勉強法が非常に参考になったという声をいただきました。

プレゼンテーションの様子

ワークショップ

 ワークショップでは、生徒様にいくつかの班に分かれていただき、それぞれの班の大学生と双方向的な交流を行っていただきました。

 具体的には、大学生からのアドバイスを基に生徒様に学習計画を立てていただき、合格に必要な学習戦略を立てる方法を学んでいただきました。

 生徒様の方からは、「同級生の本音を知ることができて良かった」「勉強法を東大生と話し合うことが有意義だった」というような感想をいただきました。

ワークショップの様子

個別相談会

 セミナーの最後に、東大生と生徒様が自由に会話をする場を設けました。この相談会では実際に生徒様から受験勉強に関する相談や質問を多数いただき、それら一つ一つに東大生が丁寧に答えました。

まとめ

 今回のセミナーでは、東大受験に少しでも興味のある生徒様に参加していただきましたが、複数の生徒様から積極的な感想をいただきました。中には、今まで知らなかった東京大学の魅力を知ることができた」「この企画を機に東京大学を目指してみたくなったというような声もありました。

 このセミナーを通して生徒様には、進路実現の動機や過程をより具体的なものにしていただきたいと思っております。大変な受験勉強を乗り越えるためには、明確なモチベーションに加え、自分に合った勉強法や勉強計画をつくる力も必要になってきます。今回の企画に参加された生徒様がそのような力や具体的なモチベーションを身につけることができれば幸いです。