東大ツアー 2013/07/15 長野県立屋代高校

地方高校生に、追い風を

東大ツアー 2013/07/15 長野県立屋代高等学校

2013年7月15日(月)、長野県屋代高等学校の15名のみなさんに対し東大ツアーを実施しました。

今回の東大ツアーではまず、東大の特徴的な制度である「進学振り分け」を体験するワークショップを行いました。東大についてのクイズの点数を振り分け用の点数として用い、受験する科類や進みたい学部を選ぶなど、受験時や入学後の自分の姿を想像しながら作業を行ってもらいました。

その後、東大の建物や施設について東大生が解説するキャンパス見学会を行いながら中央食堂へと向かい、昼食をとりました。
午後は生協購買部でお土産の購入後に浅野キャンパスへと移動し、東京大学大学院工学系研究科所属の高橋浩之教授にご協力いただいて、実際にどのような設備で研究が行われているのかといったことや、研究の内容について教えていただきました。高校生からは施設について、研究内容についての質問も出て、大学での学問に興味を持つきっかけとなったのではないかと思います。

研究室見学終了後には本郷キャンパスへと戻り、見学会を実施しながら最後のコンテンツである個別相談会会場へと移動しました。
個別相談会では、5人の高校生に対し2人の東大生が相談員として付き、普段の勉強や生活の悩みについて、また大学での生活についての質問などを受けました。企画後に実施したアンケートでは、時間がもう少しほしかった、などの意見も多く、時間中は活発に質問が出ました。

今回の企画で東大について、また大学での学問について知り、実際に東大生に質問したり話したりした経験が、屋代高校のみなさんの今後の高校生活に少しでも役立つものとなり、東大進学を含めた進路について考えるきっかけとなっていれば大変嬉しく思います。