2016年1月24日

代表挨拶

〜都会の高校生と地方の高校生は平等?〜

こんにちは、FairWind代表の新森聡志と申します。
突然ですが皆さんに考えてもらいたいことがあります。地方の高校生と都会の高校生、進路選択という点から考えた時どちらが有利だと思いますか?
地方に住む学生にはいろいろな問題があります。地元からでることを良しとしない風潮がある、そもそも県外への進学が選択肢として欠如している、県外への進学のための環境が十分に整っていない、などなど。これらから考えて、地方の学生は都会の学生に比べて不利な状況に置かれていると思います。
しかしそれっておかしくないでしょうか?生まれ育った場所が将来を大きく左右する現状は、なんとしても変えなければいけないと思います。
僕たちFairWindは、「地方高校生に、追い風を」という理念のもと、地方の中高生が多様な選択肢の中からしっかりとした理由を持って自分の進路を選ぶことができることを目標として、日々様々な活動をしています。僕たちの活動によって少しでも多くの地方生に「追い風」を吹かせることができたら幸いです。

FairWind代表 東京大学教養学部理科一類2年
新森 聡志

 

弊団体の活動に関心がございましたら、FairWindへの「お問い合わせ」、もしくは下記のアドレスからお問い合わせください。

fairwind.ut☆gmail.com(☆をアットマークに変えて下さい)

 

Scroll Up