基本の勉強法

このページでは日本史の基本的な勉強法を紹介します。

日本史をどのような流れで勉強していたのか、東大生の生の声を聞いてみましょう!


こんにちは!

ついこの間、帰省していた時に弟の勉強を見ていて気になったことがあったので、日本史の勉強法について、高校時代の僕のやり方を書いていきます。あくまでも個人的なやり方なので、自分には合わない、という人もいるかもしれません。日本史を習ってない人はごめんなさい。

まず、年号とか用語とか、そのような単語を単体で覚えようとすると、きついです。歴史には流れがあり、その流れの中にいろんな人物が登場していろんな事件が起こります。単語だけ覚えようとするより、流れの中に単語を当てはめた方が覚えやすいので、まずはある程度の範囲の流れをおさえます。例えば、「江戸幕府の体制が確立するまで」といったものです。

大まかな流れをおさえたら、その流れを補足説明するための道具として、人物や事件、年号を覚えます。

次は覚えたことを確認し、定着を図る作業です。

僕の学校では、文章中の穴埋め式で用語を確認できる教材と一問一答の教材が配られていたので、その両方を活用していました。

まずは、一問一答の教材1ページを見てみて、その範囲に該当する教科書部分をざっと読んで復習、語句を覚えます。一問一答に取り掛かる前に一度、知識をインプットするのです。

それから一問一答の該当ページをやってみる。知識のアウトプットです。そして、間違えたもの、分からなかったものを答えを見て確認します。これが2度目のインプット。

僕の弟は、一問一答のページの範囲がどうせ分からないから、と答えを写してからそれを覚える、というやり方をしていました。これだとインプットの一回だけ。

僕は自分の記憶を刺激する回数がより多い方を選び、全く覚えていない範囲でも、とりあえず教科書を見て覚えてから、一問一答に取り掛かっていました

これをもう一つの教材でも同じことをするので、記憶に触れる回数に明らかな差が出ますよね?

僕の弟と同じ勉強法をしていて、日本史ができないという人はやり方を変えてみてほしいです。あとはテスト前に、友達と問題を出し合うなりして、楽しく勉強できれば「覚えるだけ」という認識になりがちな日本史への取り組みも変わってくるのではないでしょうか。

この記事が少しでも皆さんの参考になっていれば幸いです。(文3・2年)