東大ツアー 2016/3/7 鹿児島県玉龍中学校

2016年3月7日14:00~16:45に、東京大学本郷キャンパスにおいて、鹿児島玉龍中学校3年生19人を対象に東大ツアーを行いました。 今回のツアーでは、4つの班に分かれてキャンパス見学会、パネルディスカッション、プレゼンテーション、個別相談会を行いました。

○キャンパス見学会

玉龍高校キャンパス見学会の様子

キャンパス見学会の様子

安田講堂や総合図書館などの有名な建物や、工学部や法学部などの実際に大学生が勉強を行っている建物を見学しました。あいにくの雨でしたが、中学生の素早い集合のおかげで予定通りルートを回ることができました。赤門や安田講堂を前に写真撮影をする中学生も多かったです。
○パネルディスカッション

東大生3人がパネラーとなり、大学や東大の良さ、東大を志望した理由などの6つのテーマについて、自らの経験を話しました。入学前と入学後で変わった東大生に対するイメージの話や、パネラーが今までに突き当たった「壁」、その乗り越え方の話など、中学生もメンバーも目を輝かせて聞いていました。
○プレゼンテーション

玉龍高校プレゼンテーションの様子

プレゼンテーションの様子

プレゼンテーションでは、鹿児島玉龍中学校OBでもある当団体のメンバーが高校生の生活についてプレゼンテーションを行いました。来月からやってくる高校生活の忙しさや、大学生となった今だからわかる高校生活の醍醐味について伝えました。母校の先輩からの言葉に、中学生も気が引き締まったようでした。
○個別相談会

玉龍高校個別相談会の様子

個別相談会の様子

中学生の班ごとに東大生が2人入ってグループを作り、計2セットの個別相談会を行いました。キャンパス見学会やパネルディスカッションを通じて生じた疑問や、普段の勉強の悩みなどに対し、東大生が自らの経験をもとに答えました。中学生が積極的に質問し、大いに盛り上がる相談会となりました。

今回のツアーでは中学生の皆さんに多くの東京大学の魅力を感じてもらえたのではないかと思います。また、メンバーの高校時代の話を聞いて、これから迎える高校生活のイメージを膨らませてもらえたかと思います。このツアーを通して感じたもの・得たものをこれからの高校生活で生かしてもらえれば、私たちメンバーとしてもうれしい限りです。