2018/12/13 島根県立浜田高等学校 東大先端科学技術研究センターツアー

2018年12月13日(木)、島根県立浜田高等学校の1年生20名を対象に、駒場キャンパスにて、先端科学技術研究センター(先端研)協力のもと、リサーチツアーを行いました。 「自分に自信を持ち、新たな将来の可能性を切り拓こう」というコンセプトのもと、高校生には、2つのコンテンツを通じて、自分に自信をつけていただき、また高校と大学の学びのつながりを実感していただきました。

◯対話型プレゼンテーション+個別相談会 「叛逆の東大合格奮闘記」
このコンテンツでは、高校生に班に分かれてもらい、超進学校ではないところから合格した東大生の話を、プレゼンの途中でいつでも質問を受け付ける対話型のプレゼン形式で聞いてもらいました。プレゼン終了後はプレゼンターを始めとする東大生がその場で高校生の勉強や生活などに関する質問に答える個別相談会を行いました。高校生には合計で3人の東大生のプレゼンを聞いてもらい、その中でプレゼンに興味津々で聞き入ったり、東大生に積極的に質問する高校生の姿があちこちで見受けられました。このコンテンツを通して東大生を身近に感じ、自分に自信を持って難関大に対する精神的ハードルが少しでも下がっていれば幸いです。

◯プレゼンテーション+ワークショップ 「Road to the Frontline」
このコンテンツでは、高校生4人に対し東大生が1人つく形で班をつくり、将来どんな自分になりたいか、そのためにはこれから何をしていけば良いのかを考えるワークショップを行いました。
途中東大生により行われた、高校と大学の勉強のつながりを説明するプレゼンテーションでは、高校生がプレゼンターの話に聞き入る様子が見られました。
全体を通じ、今後自分が歩んでいく”進路”を真剣に考えるきっかけになったのではないかと思います。

今回の企画を通じて、高校生には、各々の将来をより具体的にイメージしていただき、進路を考えるきっかけにしていただければ幸いです。

Scroll Up