2018/08/07 山口県立下関西高等学校 東大ツアー

2018年8月7日(火)に山口県立下関西高等学校の2年生を対象にキャンパスツアーを行いました。
「ありのままの東大を感じる」「大学に向かって踏み出す」というコンセプトのもと、参加生徒の皆様に東大の様々な側面を体感してもらい、自らの進路に対するモチベーションの向上を目指しました。

◯コンテンツ① 模擬授業
本校法学政治学研究科の樋口亮介先生に「感情と刑罰」について模擬授業を行っていただきました。
生徒さまは熱心にメモを取り、質問している子もいたので、有意義なものであったかと思われます。
模擬授業により東京大学の学問の魅力に気付いていただければ幸いです。
(文責・三枝)

◯コンテンツ② 対話型プレゼンテーション
生徒の皆様に、東大の様子や魅力について伝えました。1対1でのプレゼンゆえ、コミュニケーションを取りながらの濃密な時間となりました。
実際の東大生像を伝えることで、生徒の皆様それぞれに、東大への進学が視野に入る、今後の勉強のモチベーションとなる、などの良い影響が及ぼせたのではないかと考えております。
(文責・三輪)

◯コンテンツ③ ワークショップ
生徒の皆様と共に、高校生活や受験勉強をする際にぶつかる課題について解決法を模索していくワークショップを行いました。今回学んだプロセスを実際に問題に直面した時に生かして、受験を乗り切って欲しいと思います。
(文責・古賀)

◯コンテンツ④ 個別相談会
OBの方や東大生が生徒の皆様の悩みなどについて一緒に解答を模索しました。台本などがないため、より親身になって相談会ができていたと思います。トークも活発に行われていて、生徒の皆様に笑顔が見えていたのはとても印象的でした。
生徒の皆様の今後に良い影響を与えることが出来るのではと考えております。
(文責・小原)

Scroll Up