2018/08/01 広島県安田女子中学高等学校 東大セミナー

2018年8月1日(水)、広島県の安田女子中学高等学校の高校1,2年生を対象に、都内の研修会場にて東大セミナーを行いました。「東大/受験を好きになる」というコンセプトのもと、大学生との交流を通して東大の魅力と大学受験の意味について考えました。

・パネルディスカッション~東大生と考える!受験勉強のとらえ方~
4人の大学生パネリストによるパネルディスカッションを行いました。
企画のはじめの、緊張で張りつめた空気が解けるように高校生の発言も交えつつ、受験勉強・受験生活を少しでも前向きにとらえていただくために、「受験勉強の中で様々な困難を乗り越えたことが、大学に入ってどう活きているか」などをお伝えしました。
生徒さまにとって受験というものを違った角度で見るきっかけが得られたことと思います。

・対話型プレゼンテーション〜東大への道、東大からの道〜
大学生1名に対し、高校生1~2名の小グループに分かれて対話型プレゼンテーションを行いました。大学生が東大を目指す過程で、あるいはその先で、とった行動や当時の考えを、高校生との対話を交えて伝えることで、大学受験の意味について考えてもらいました。

・自由懇談〜はじめの一歩〜
高校生からの質問に大学生が答えていく自由懇談を行いました。
パネルディスカッションと対話型プレゼンを経て生じた疑問や日頃抱えている悩みなどに対し、大学生が自身の受験の経験をもとに答えていきました。
このツアーが、生徒の皆さんが持っている高い目標や憧れに到達するための大切な第一歩となることを願っています。

今回の東大セミナーでは、距離を置いて考えてしまいやすい東京大学や大学受験に対し、真剣に向き合うきっかけとなることを目指しました。
当セミナーが、高校生のみなさんがこれから迎える、大学受験のささやかな支えとなれば幸いです。
(文責:石山・外山・畠山)