2018/03/26 千葉県立木更津高等学校 地方出張セミナー

2018年3月26日、千葉県立木更津高校の高校一年生34名を対象に、約7時間の東大生出張セミナーを実施しました。
今回の企画は「欲を出そう」というコンセプトを掲げて、木更津高校の高校生がより高みを目指すきっかけになることを目標としました。

○オープニング
今回の企画コンセプトは「欲を出そう」。木更津高等学校出張セミナーで高校生に、プレゼンテーションを軸に、何を意識して、何を指針として、7時間を過ごしてほしいかを伝え、考えてもらいました。

○プレゼンテーション①~東大生の進路選択~
各東大生が、それぞれの悩みを克服しながら進路選択に至った自身の経験を語りました。小グループでおこなったこともあり、高校生が大学生と近い距離で熱心に話に耳を傾ける姿が印象的でした。大学生の経験を自身の状況に置き換えて話を聞く高校生も多く見られ、自分自身の進路選択について、新たな視点から積極的に考え直す契機としていただけたようです。

○プレゼンテーション②~自分に合った勉強法とは?~
東大生一名が、自身の高校~浪人生活を振り返り、自己分析の大切さを伝えました。一体自分は、何が得意で何が苦手なのか、何が好きで何が嫌いなのか、どのような一日のスケジュールを過ごしているのか… これらを知ることによって自分に合った勉強法が生み出されていく、ということを高校生に感じていただけたのではないかと思います。

○自己分析
高校生自身が様々な質問に答えて、今までの自分の生活や勉強について振り返りました。自分の勉強のクセや生活習慣、悩みなどを書き出し、次の個別相談会で質問する事項を明確にできたようです。少々長いワークシートとなってしまいましたが、生徒たちは真剣に取り組んでくれました。

○個別相談会
プレゼンテーション②や自己分析の結果などを参考にして個別相談会を行いました。東大生メンバーが高校時代に使っていたノートや大学での資料などを持参したほか、高校時代の勉強について各々のテーマでまとめたポスター展示も行い、高校生は写真を撮りながら積極的に大学生に質問をしていました。2時間という長丁場でしたが、常に質問・会話の絶えない、活発な相談会となりました。

○クロージング
プレゼンテーションを軸として、7時間を通し、高校生が何を考えたか、企画後の初動をどう行ってほしいかを伝え、考えてもらいました。高校生の皆さんには、これから「欲」を存分に発揮してほしいです。