2017/12/16 福岡県立東筑高等学校 東大ツアー

2017年12月16日(土)、本校本郷キャンパスにて福岡県立東筑高等学校生徒30名を対象に東大ツアーを実施しました。
当日はキャンパス見学や模擬授業・研究室見学、そして大学生との交流など多角的視点から大学生活を見つめ、理解を深めました。
関わる機会の少ない東大生との交流により、生徒の方々は大学生活の不安を解消し東大へのあこがれを持つことのできるようなツアーとなったと考えております。

・キャンパス見学
少人数の班に分かれて赤門や安田講堂などをめぐり、通っている東大生ならではの話も交えながら各場所を紹介しました。興味を持って建物を見回したり、積極的に質問をしてくれたり、高校生のみなさんにとっては大学のキャンパスが新鮮に感じられたようでした。自分の大学生活のイメージを抱きながらキャンパスを歩いている生徒さんも多かったようです。

・模擬授業
東京大学大学院 教育学研究科生涯学習基盤経営コース兼東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 文化・人間情報学コースの影浦峡教授に、言語をテーマに模擬授業をしていただきました。普段当たり前のように使っている言語の奥深さを学ぶとともに、答えのない問いを探求するという大学での学問の特徴を味わえたことと思います。

・研究室見学
東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻深田吉孝教授に模擬授業をしていただきました。生物が固有に持つ概日時計の説明を動画や我々の経験をもとに分かりやすく解説していただきました。質問にも丁寧に答えていただき、高校生のみなさんにも大学で学ぶ内容が少しでも伝わったと思います。
・授業紹介&ノート展示
大学生が日頃受けている様々な授業について、実際に使っている教科書やノートを用いて紹介しました。高校の授業とは一味も二味も違う大学の授業の内容に、高校生のみなさんは興味津々という様子でした。大学に入った後の自分をイメージすることへの手助けになったのではないでしょうか。
・小プレゼン「暮らしの不安を解消します!」
地方高校生が抱え込むであろう一人暮らしの不安を「経済面」「生活面」「交流面」の3つの角度から捉え、実際に一人暮らしをしている3人の東大生からそれぞれの不安を解消するためのプレゼンテーションを行いました。イメージしにくい一人暮らしの実態を各大学生の実体験を通して知り、高校生の皆さんは一人暮らしに対する精神的な壁を取り去ることができたのではないでしょうか。

・テーマ別個別相談会
「東大での勉強」、「東大での生活」、「高校での勉強・生活」の3つのテーマについて、高校生の皆さんが日頃感じている疑問や今回のツアーを通して抱いた疑問を自由に質問してもらい、大学生がそれぞれに丁寧に答えました。積極的に質問をする生徒さんが多く、とても活発的な個別相談会となりました。