2017/11/18 群馬県立高崎高等学校 東大ツアー

2017年11月18日に群馬県立高崎高等学校の保護者さまを対象に本郷キャンパスにて2時間に渡る東大ツアーを行いました。

【キャンパス見学】
3班に分かれて、30分に渡るキャンパス見学を実施しました。各班のガイドは本郷キャンパスの建物の歴史や最新情報をお伝えすることで、保護者さまに東大の魅力をご子息へ伝えてもらえるよう意識しました。また、見学中にも勉強や大学生活などに関する質問が出るなど、近い距離での交流をする事ができました。

【プレゼンテーション】
個人の経験から「疑問と思考」というテーマに基づき、保護者さまは疑問を与えるという形の”干渉”をしてはどうかという提案をしました。皆様熱心に耳を傾けられており、ご自身とご子息の関係に考えを巡らせているようでした。主体的な選択に伴いご子息の熱意が向上される一助となれば幸いです。

【パネルディスカッション】
保護者さま2名と大学生2名にパネラーの役割をしてもらいました。「進路決定と親」「学生生活と親」の2部構成で保護者さまと大学生の様々な親子関係について議論しました。様々な親子関係を模索する中で、絶対的な親子関係などなく親子間で見出していく必要があるという結論に至りました。

【個別相談会】
少人数に分かれて相談会を行いました。保護者さまが大学生の話を事細かにぎっしりとメモ欄に記入なさっていたのが印象的でした。短い時間ではありましたが、踏み込んだ質問までしていただいて大学生側も熱くなりました。

(文責:田中・三ツ梨)

Scroll Up