2016/08/25/ 徳島県立富岡東高等学校 東大ツアー

2016年8月25日(木)東京大学駒場キャンパスと本郷キャンパスにて、徳島県立富岡東高等学校の1年生22名と2年生3名を対象に東大ツアーを行いました。

午前中に駒場キャンパスにてキャンパス見学をした後、1年生と2年生に分かれてコンテンツを行いました。

・<1年生> プレゼンテーション&個別相談会

14364846_840686409400704_3349090479738090345_n

プレゼンテーションでは「大学とは何をするところなのか」という問いから出発し、大学生の経験を踏まえて「東大の魅力」を紹介しました。高校生は今まで知らなかった東大の実情や魅力に驚いた様子でした。その後の個別相談会では、「いつからどんな理由で東大を志望するようになったのか?」など率直な質問が多く出ました。

・<2年生> 東大生の受験体験記

東大生の受験体験記では、3人の東大生が「一般的な東大受験生」「ギリギリで合格した受験生」「浪人を経験した受験生」というそれぞれ異なった東大受験生像を紹介しました。高校生は、3人それぞれの話を聞いたり模試の結果を見たりして、東大を始めとした大学入試、そこで競うライバルの姿に、思いを巡らせている様子でした。駒場キャンパスで昼食を食べた後、本郷キャンパスに移動しました。本郷キャンパスでは以下のコンテンツを行いました。

・研究室見学

14322411_840686406067371_8018531856257316778_n

東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻の中井教授に案内していただき、工学部一号館内の設備や研究室の様子を見学しました。高校生は教授の説明に真剣に耳を傾けていました。最後には中井教授が普段どのような研究を行っていらっしゃるのかをプレゼンテーションで説明してくださり、終了後には高校生から質問が挙がり、とても充実した内容となりました。

・模擬授業

14368708_840686402734038_113157390625908654_n

東京大学大学院教育学研究科教育心理学コースの針生悦子教授に講義をしていただきました。赤ちゃんの発話や、言語学習能力についての話をしてくださいました。高校生の中には最近習ったことに近いもので、わかりやすく興味深かったと話す高校生もいました。高校生からの質問も挙がってとても充実したものとなりました。

次に再び1年生と2年生に分かれてワークショップを行いました。

・<1年生>

まず大学生によるプレゼンテーションで、将来の夢や理想の姿を考えたうえで妥協せずに大学を選んだという経験を紹介しました。その後、プレゼンテーションをもとに高校生自身の行くべき大学はどこなのかということを将来の夢や理想の姿と結びつけたうえで考えてみました。それぞれが自分の大学を選ぶ「基準」を真剣に考えていました。

・<2年生>

勉強計画を立てるワークショップを行いました。この先3月までの基礎復習計画を、ワークシートを使って立てていきました。高校生は時になれない作業に悩みつつも、自分が持っている参考書を思い出しつつ、しっかり計画を立てていました。徳島に帰っても、計画を立てて勉強する、という姿勢を実践してくだされば幸いです。

最後に全体で個別相談会を行いました。

特に高校時代に具体的にどのような勉強をしていたかといった質問が多く、1日の企画を通して、進路選択について真剣に考え始めた様子がうかがえました。

長時間の企画でしたが、高校生のみなさんはどんなコンテンツにも真剣に取り組んでいました。ぜひこのツアーを進路選択について考えるきっかけにしてもらいたいです。