2016/08/12 岩手県立水沢高等学校 東大ツアー

2016年8月12日(金)、東京大学本郷キャンパスにて岩手県立水沢高等学校の2年生2名、1年生1名、計3名を対象に東大ツアーが行われました。本ツアーでは以下の6つの活動を実施しました。

・東大ってどうだい?
高校生の中で明確な東大進学への動機を確立してもらうことで、東大受験への確固たる強い思いを持ってもらうことを目標に、東大でできること・東大で学ぶことで感じたことを紹介しました。高校生一人ひとりと大学生がグループを作り、高校生各自の興味関心に従って話し合うことができたため、東大の魅力を強く感じられていたようでした。

・伝説になろう
これから東大に挑戦する上で、必要なこと・知っておいてほしいことを、自身の高校から約30年ぶりに東大に現役合格した大学生がプレゼンテーションにより伝えました。水沢高校と近い境遇の高校から合格した経験を聞いて、高校生には自信となったことでしょう。

・スケジュール建てワークショップ
受験に合格するために重要な、自分自身で適切にスケジュールを建てられる力を身につけてもらうことを目標に、スケジュールの建て方を伝授しました。高校生に事前に建ててもらったスケジュールをもとにして、大学生からアドバイスや注意点を伝えより良いスケジュールとなるよう目指しました。

・東大受験必勝講座/夢と生き様を語る会
2年生の2人には、東大受験への極意を伝授し、1年生の1人には自分の将来の夢を見つめ直し東大へ憧れを抱いてもらう時間としました。東大受験必勝講座では、東大入試に必要な力・現代文の読解法・数学のテクニックを教えました。夢と生き様を語る会では、高校生・大学生双方の夢を語り合いました。

・キャンパス見学会×個別相談会
本郷キャンパスを見学後、腰を下ろし、高校生個人個人が感じている勉強・進路などの不安・悩みを大学生に打ち明けてもらい解消しました。東大の雰囲気を感じたことや大学生からアドバイスをもらったことで、より強く東大への意欲を示しているようでした。

本ツアーでは高校生3名との密な交流を通じて、3人の先輩になれたのではないかと思います。本ツアーで学んだことを生かして高校生が少しでも東大受験へのハードルを下げ、挑戦の姿勢を示してくれることを願っています。