2017/12/13 山口県立下関南高等学校東大ツアー

2017年12月13日(水)に、本校本郷キャンパスにて、山口県立下関南高等学校の高校生80名を対象に東大ツアーを実施いたしました。
本企画は「進路を選択するうえで視野を広げること」と「残りの高校生活を有意義なものにしてもらうこと」の2つを目標にいたしました。
生徒さまは、東大生の進路選択について真剣に耳を傾け考え、ときに大学生と楽しく話し合いながら有意義な時間になったものと思われます。

・キャンパス見学
生徒さまは、まず10班に分かれてキャンパス見学を行いました。
生徒さまは赤門、安田講堂をはじめとした有名スポットの数々を東大生とともに巡り、随所で普段通っている東大生だからこそ伝えられるディープな解説にも耳を傾けていました。
正門から安田講堂前への「合格通り」では合格発表についてのエピソードを聞き、数年後にその場にいる自分の姿をイメージすることで
高校生の方々は自分の将来についてより強く意識することができたようです。

・パネルディスカッション
大学生が進路決定をどのように行ったのか、進路決定を振り返って思うこと、将来の夢などについてパネルディスカッション形式で紹介しました。東大生が進路について悩んだ過程を聞いて、大学に行く意味や進路決定の仕方などについて改めて考える機会になったのではないでしょうか。

・ワークショップ
生徒さまそれぞれの疑問を解消し、自分自身のことについて考えていただくため、
少人数のグループに分かれて進路、大学生活、勉強について、東大生に対して
自由に質問してもらいました。そして質問内容を踏まえ、自分自身の進路について、
理想の大学生活について、目標の進路を達成するために勉強面でこれから伸ばしていく点と
その方法について、ワークシートに記入してもらいました。ワークショップ終了後には、
たくさん質問できて良かったとの声をいただきました。

Scroll Up