東大生地方出張セミナー 2012/11/10 岩手県立盛岡第一高校

2012年11月10日に盛岡第一高校において、東大生地方出張セミナー2012を行いました。
今回も前年に引き続き岩手の花巻北高校、一関第一高校、盛岡第三高校、盛岡北高校、遠野高校、福岡高校からも生徒のみなさんが来てくださいました。

<1年生対象企画>
午前の1年生対象企画ではプレゼンテーション、パネルディスカッション、個別相談会を行いました。まず、大ホールでプレゼンテーションとパネルディスカッションを行いました。

プレゼンテーションでは、高校生に大学について知ってもらうため、そして自分の将来像を具体的にイメージしてもらうために、大学生活、大学での学問、難関大の魅力、大学選びなどについてプレゼンを行いました。 「大学に自分が通う、ということについてイメージすることはまだ早いかもしれないと思っていたが、今回のプレゼンテーションによって自分の大学生活に関してのイメージ・願望がとても強くなった」などの評価をいただきました。

パネルディスカッションでは、地方出身の東大生が、地元を出て東大に来た理由、地元を離れての一人暮らしの様子、東大の魅力、大学で学んでいることと将来のつながりをそれぞれ自身の体験を語りました。質疑応答の時間では受験勉強をする上で自分自身を支えるものについての質問などをいただきました。「説明がわかりやすくて、今まであまりわからなかった大学生の1日や不安だったことが解消されてよかった」という声をお聞きしました。

その後に希望者のみで、個別相談会を行い、高校生4~7人に対し、東大生1人を1グループとして少人数の相談会を行いました。勉強のやる気が出ないときに勉強に対するモチベーションの上げ方などの質問が多く見られました。「なかなか聞けない話を聞けてよかった。より身近な話を楽しくできた。貴重な体験だったし、モチベーションが上がった。普段絶対に話すことのできない東大生の方々と話せてすごく楽しかった」という感想をいただきました。

<2年生対象企画>
午後の2年生対象企画では希望された高校生のみなさんに個別相談会、ワークショップを実施しました。

個別相談会では、高校生4~6人に対し、東大生2人を1グループとして少人数の相談会を行いました。各教科の具体的な勉強法についての質問や短い時間の活用方法などの質問が見られました。「東大生が多くて、聞きたい事がすぐに聞けた」「学校案内のパンフレットでは知ることのできないことを知れたこと。東大に親しみがもてた」という評価をいただきました。

その後、高校生が東大の講義等で用いられる、大学での学問に関する英文を読み、 高校生に大学での学問に触れ、東大・ 大学における学問に興味を持ってもらうことを目的としたワークショップを行いました。大学レベルの英文に苦戦しながらも一生懸命読んでいる姿が見受けられました。「学校で習った英語が学問書で使われているのがわかった」という感想をいただきました。

以上のような形式で出張セミナーを実施させていただきました。参加してくださった高校生のみなさんの高校生活や受験勉強、進路選択のお役にたつことができれば幸いです。