東大生地方出張セミナー 2011/11/12 岩手県立盛岡第一高校

2011年11月12日、東大生地方出張セミナー2011@盛岡第一高校を行いました。
この度は盛岡第一高校の先生の呼びかけもあり、盛岡第三高校、盛岡第四高校、久慈高校の高校生の方も参加してくださいました。午前は1年生向けの企画を行いました。

第一部は、プレゼンテーション「大学選びとは」でした。
「大学選びとは」、「東大の魅力」、「大学での学びとは」というテーマを扱いました。 大学受験という大きな進路選択の一つを経験して日の浅い大学生からの説明は、参加高校生の視点に近く、大学を身近なものに感じることができたようです。
また、進学振り分け制度や授業の履修の仕方などについて生の学生の視点からの話を聞いて、東大の様子やの学生生活一般のイメージがわいたという声が寄せられました。

第二部はパネルディスカッション「大学進学~地元からはなれるという選択肢~」でした。
今回参加した高校生は全員、大学進学で他県の大学に進学したいということで、その進学の際の大きな不安の一つである一人暮らしについて地方東大生の生の声を聞いて、一人暮らしへの不安が解消されたといった意見もいただきました。また、地方出身現役東大生のキャリア選択についても紹介しました。地方から東大、県外の大学に進学することがキャリアを考える上でどのような影響があるのかについて考えてもらうきっかけになったのではないかと思います。

第三部は個別相談会でした。
大学の教科書を実際に見てもらうなど、大学での学びを具体的にイメージしてもらうことができました。また勉強法に関する相談も活発に行われ、あっという間に時間が過ぎてしまいました。午後は高校2年生、3年生向けに個別相談会を行いました。実際に入試を経験した東大生の話に真剣に耳を傾け、自身の受験勉強や日頃の学習を含めた生活面に活かそうとする姿が印象的でした。

企画終了後に書いていただいたアンケートには、「複数の」「生の東大生の視点から」「直接」話を聞けたことが良かったと言う高校生の声が目立ちました。このような機会は、オープンキャンパスや学園祭などになかなか足を運びづらく、また東大生の先輩が少ない地方の高校生にとっては貴重な機会になったのではないかと改めて感じました。
こうした機会をより多くの高校生にご提供できるように尽力して参ります。