東大ツアー 2016/4/21 島根県開星高等学校

2016年4月21日(木)、島根県開星高等学校から高校生22人が東京大学駒場キャンパスを訪れ、駒場ツアーを実施しました。

○プレゼンテーション
高校での学びと大学での学びがどのように違っているか?、大学での学びがどのように社会に貢献しているか?といった内容のプレゼンテーションが行われました。
高校生の皆さんは”距離”というキーワードをもとに大学の自由な発想・アプローチに接し、大学でどのような勉強をしていくかイメージがわいたと思います。

○個別相談会
高校生4、5人と大学生2人で1グループを作り、個別相談会を行いました。勉強面や東大生の高校生時代の話はもちろんのこと、東京での生活についての質問もありました。
高校生の皆さんは、この個別相談会を通して進学に向けて不安に思っている事や疑問に思っていることが少し解消できたのではないでしょうか。

○キャンパス見学会
個別相談会を行ったメンバーと一緒にキャンパス見学会を行いました。駒場キャンパスの歴史ある建物や新しい実験棟を外から見学するとともに各建物でどのような授業が行われているかについても紹介しました。
大学生がどのような授業を受け、どのように生活しているか、高校生の皆さんは想像を膨らませているようでした。

約1時間半の短いツアーでしたが、高校生の皆さんとお話する時間は長かったように感じます。東大生との交流を通して高校生の皆さんは、大学がどんなところか感じることができたのではないでしょうか?
この東大生との交流が、高校生の皆さんにとって進路を選ぶうえで糧になれば幸いです。