東大ツアー 2016/3/26 新潟県立村上中等教育学校

【活動報告:新潟県立村上中等教育学校 東大ツアー】

2016年3月26日(土)、東京大学本郷キャンパスにて、新潟県立村上中等教育学校新5年生45名を対象に東大ツアーを行いました。

・キャンパス見学会

村上ツアーキャンパス見学会
少人数の班に分かれて、大学生の案内のもと本郷キャンパス内を見て回りました。
新潟県で過ごしていると、大学のキャンパスというもの自体に対するなじみが薄いのではないかと思いますが、大学生が学ぶ場所について具体的な話も聞きながらイメージを掴んでもらえたのではないかと思います。
安田講堂や赤門の前で撮った集合写真も時々見返してもらえると嬉しいです。

・模擬授業

村上ツアー模擬授業

東京大学大学院理学系研究科の杉山宗隆准教授による模擬授業

東京大学大学院理学系研究科の杉山宗隆准教授をお招きし、「植物とは何か」という疑問から始まり、植物の形の成り立ちを器官の新生や再生から数理モデルを用いて分析していくというご研究の概要についてご講演いただきました。文系理系の垣根を超えて身の回りにあふれている疑問や未解決の問題に学問的見地からアプローチする大学の学問の一端に触れた高校生の皆さんは、普段の生活では到底触れることのない広大な世界への視野を獲得できたのではないでしょうか。目を輝かせながら講演を聴く皆さんの姿が印象的でした。

・個別相談会
たっぷり90分の時間を使って、皆さんからの大学生活に関する疑問、高校生の頃に関する疑問にお答えしました。
筆者自身が新潟県で中高一貫教育を受けたという、村上中等の皆さんと同じような経験をしてきたので非常に近い目線から話ができたのではないかと思います。
単純な疑問のみならず「〇〇さんは今どんな夢を持っていますか?」という質問も複数の方からもらい、普段はあまりしないのですが自分語りも少ししてしまいました。
今日の機会を踏まえて、残り二年の高校生活を実りあるものにしてくださいね。