東大ツアー 2016/3/25 中四国5校合同

先日3月25日(金)に、東京大学駒場キャンパスにおいて、広島県立尾道北高校15名、岡山県立倉敷青陵高校10名、岡山県立岡山芳泉高校16名、香川県立観音寺第一高校21名、愛媛県立今治西高校18名の計89名の高校1年生を対象にツアーを実施しました。ツアーは11:30~14:00の2時間半で、駒場Ⅱキャンパスで研究室の見学した生徒と、昼食を取った後に、お土産購入や、パネルディスカッション、プレゼンテーションを行いました。

○パネルディスカッション

中四国ツアー

中四国ツアー

大学の食堂で昼食を取り、購買を見学した後に行われたパネルディスカッションでは、
3人のメンバーがそれぞれの視点から、東京大学での学びや大学生活について実際にどのような魅力を感じているかを語り合いました。普段はイメージできないような様々な魅力を感じ取ってもらえたのではないかと思います。

○プレゼンテーション

中四国ツアープレゼン

中四国ツアープレゼン

広島県出身の弊団体のメンバーが、東大を志望してからどのような努力を重ね、どのようなことを思い、東大に合格したのか、そして合格した今、どのように感じているのかを生徒様に伝えました。高校時代の経験をありのままに語ったこのプレゼンテーションを機に、自分自信も東大を目指すことが可能だと知り、東大を志望する契機になったのではないでしょうか。真剣な表情でプレゼンテーションを聞いている姿が印象に残りました。

2時間半という時間の中でしたが、それぞれが東大について知り、考える時間になったのではないかと思います。今回吸収したことを胸に、高校に戻ってからも進路についてしっかりと考えてもらえれば幸いです。ぜひこれからも頑張ってほしいと思います。