東大ツアー 2016/3/20 岩手県盛岡第一高校

地方高校生に追い風を

東大ツアー 2016/3/20 岩手県盛岡第一高校

盛岡第一高校東大ツアーの様子

3月20日(日)に東京大学本郷キャンパスにて、岩手県立盛岡第一高校の高校2年生22名を対象にツアーを行いました。ツアーは、昼夜2部構成で行い、11:30~16:30の昼の部では、キャンパス見学会や模擬授業・研究室見学、パネルディスカッションを、19:00~21:00の夜の部では、個別相談会を行いました。

 

 

○キャンパス見学会

盛岡第一高校キャンパス見学会の様子

キャンパス見学会の様子

昼食の後、4グループに分かれて、赤門や安田講堂などの歴史的建造物や各学部の施設を見て回りました。高校生にとっては、高校卒業後ここで学びたい、と東大進学へのモチベーションを高めるきっかけになったのではないでしょうか。

 

○模擬授業

工学部システム創生学科SDMコースの鳥海准教授に、模擬授業を行っていただきました。先生のされている計算社会学とはどのような学問なのか解説していただくとともに、今回は「囚人のジレンマ」というゲーム理論について、実際に東大での授業で行ったのと同じように、高校生に体験してもらいました。高校生は楽しみつつ、大学の学問に対する興味を深めたのではないかと思います。

 

○パネルディスカッション

選ばれた5つのテーマに対して、盛岡第一高校OBを含む4名の東大生が答えるという形式で、パネルディスカッションを行いました。受験に関するものから、東大入学後の東大生の印象、東大での学びを通して将来への夢は変化したか、など高校生の気になるであろうテーマに対して、複数の東大生による多彩な回答を得られたのは高校生にとって大変有意義だったのではないかと思います。

 

○個別相談会

本郷キャンパスに程近い貸し会議室で、前半は高校生の抱えがちな悩みを5つ上げ、それをテーマとした個別相談会を、後半は自由なテーマでの個別相談会を行いました。どの高校生にも様々な疑問を大学生にぶつけ、それに対する大学生の答えを熱心に聞く様子が見られました。また、これと並行して、東大生が高校時代に実際に使っていたノートや、受験した模試の成績表を展示し、高校生に見てもらいました。実際に東大に合格した学生のノートや成績を見るのは、高校生にとって大変参考になるものだったのではないかと思います。

 

 

1年生ながら、将来に対してしっかりとした考えを持ち、その実現の一助としようと大学生の話などに熱心に耳を傾ける高校生が多いという印象を受けました。そのため、我々としても、非常にやりがいのあるツアーとなりました。

Scroll Up