東大ツアー 2015/10/01 石川県立小松高校

 2015年10月1日(木)9:00~11:40に、東京大学本郷キャンパスにて、石川県立小松高校の2年生の文系40名を対象に東大ツアーを行いました。今回のツアーでは、はじめにお校内にて対話型プレゼンテーションを行い、キャンパス見学会を実施、そして再び屋内にて個別相談会を行いました。最後に、高校生と大学生が一緒に中央食堂で昼食をとりました。
〇対話型プレゼンテーション
御殿下記念館にあるディスカッションルームにて、6つのグループに分かれて行う小プレゼンを2回通り行いました。1回目は大学の学問についてのプレゼン、2回目は東大生の高校時代についてのプレゼンでした。高校生は興味を持ったプレゼンを聞きに行くという形をとりました。プレゼン後の質問時間が豊富にあったので、高校生の皆さんは東大生の就職先や高校時代の勉強法などについて積極的に質問してくれました。

〇キャンパス見学会
はじめに、法学部・経済学部・教育学部の中で興味を持っている学部を高校生の皆さんに選んでもらい、グループに分かれて行いました。各学部の建物に連れていき、そこで学んでいる学部生から普段の授業の様子などを伝えました。興味を持っている学部ということだけあり、高校生の皆さんは真剣に東大生の話に耳を傾けていました。

〇個別相談会
再びディスカッションルームに戻って、東大生1人高校生5人を1グループとして個別相談会を行いました。対面型プレゼンテーション、キャンパス見学会を通して感じた疑問や普段の高校生活の中で抱いた疑問を東大生に投げかけ、それに対して東大生が自身の経験を基にアドバイスをしました。自分の苦手教科の勉強法や、授業中眠くならないためにはどうするべきか、といった質問がありました。高校生の皆さんは東大生のアドバイスをしっかりとメモしており、充実した時間となりました。

〇昼食
最後に安田講堂の地下にある中央食堂で昼食をとりました。キャンパス見学会の時のグループで固まりました。FairWind に入った経緯について、など個別相談会では出なかった話題も出て各グループ楽しい時間を送っていました。

小松高校の皆さんは積極的に質問・メモしており、今回のツアーでより多くのものを吸収しようとしていました。今回のツアーで東大進学を具体的に考えてもらうとともに、今回のツアーで得たものをこれからの高校生活でぜひ生かしてもらいたいと思います。